【スマブラSP】逆VIP勢でもできる飛び道具対策・対処法

こんにちは!凡人マリオ使いのときです!

この記事では僕が初心者時代に実践したら、飛び道具に被弾しづらくなった方法を紹介します!

特に

・逆VIP勢

・初心者

・飛び道具にめっちゃ当たってしまう

・飛び道具キャラにまったく勝てない

・そろそろ飛び道具対策したい

という人たちには参考になると思うのでぜひ最後まで見てください!

ダッシュガードは間違い?

よく飛び道具対策について解説している動画などで、「飛び道具にはダッシュガードで距

離を詰めろ」と言っているのを聞くと思います。

この言葉自体は間違っていませんが、初心者がこれを実践しようとすると間違ったことを

やってしまう可能性があるのです。

真面目にダッシュガードしているつもりなのに、なぜかガードできず被弾してしまうことってありませんか?

その原因はあなたの反射神経が悪いわけではなく、スマブラのシステムにあるのです。

ステップ中はガードが張れない

スマブラではステップで前に進むとそのモーションが終わるまで他の行動ができないという仕

様があるのです。

初心者が真面目にしっかりとダッシュガードをしようとするほど、むやみにと相手を見ずに距

離を詰めようとするので余計に飛び道具に被弾しやすくなったりします。

動かないことが大事

ではどうすれば相手の飛び道具に被弾せず距離を詰めることができるのかというと

むやみに動かないこと

です。

初心者からすると「飛び道具が飛んでくるから動かないと当たっちゃうじゃん!」

と思うかもしれません。

でも立ち止まっていれば、シールドは最速で出せる(1フレーム)ので基本的にダメージをく

らうことがありません。

速度が速くない飛び道具ならオンラインでも見てからガードが間に合います。

だから何も考えず慌てて動き回るくらいなら、立ち止まっている方がかえって安全であること

も多いということです。

連打してくる相手には「歩き」ガード

初心者がなかなかできないテクニックの中に「歩き」があります。

スティックをゆっくり倒すとキャラがゆっくり歩いて移動しますが、これも飛び道具に対して

かなり有効です。

ステップ中には立ち止まるまでガードができないと書きましたが、なんと歩き中なら立ち止ま

っている場合と同じく1フレームで出すことができます。

特にウルフのブラスターのような横に飛んで連打してくるような技に対しては歩きガードでじ

わりと近づくと、相手へのプレッシャーになるのでおすすめです。

しかも「歩き」を使っているだけでなんとなく上級者っぽくみえてカッコよくなります。

飛び道具は見てから対処するものではない

飛び道具に対処するのが上手いプロや上級者の人たちは、すごい反射神経を持っているから飛

び道具に被弾しないと思っている人がいるかもしれませんが、それは違います。

飛び道具キャラの目線で考えると「この飛び道具はこの距離感で撃ちたい」というのが、

だいたいセオリーとして決まっているので、その距離感になったら相手が打ってくる前に

立ち止まって様子を見たりしているからきちんと対処できるのです。

だから

見てからではなくあらかじめ警戒しておくことがとても重要です。

飛び道具キャラの狙いは近接攻撃

飛び道具キャラは飛び道具が強いのは当然ですが、飛び道具キャラ使いは相手に飛び道具が対

処されることは想定しています。

相手が焦ってジャンプで飛び越えたり、むやみに距離をつめて来たところを叩きたいと考えて

いるので、飛び道具キャラの本当の狙いは近接攻撃だったりするのです。

実際に飛び道具キャラなのに近接攻撃がめっちゃ強いキャラはたくさんいますよね。

だから飛び道具にあたりたくないからといって、何も考えずに無理に距離を詰めようとす

るとそこを狩られて相手の思うつぼになってしまうということです。

距離を離されて不利状況になるのは怖いですが、そこでいかに焦らず冷静にいられるかが

飛び道具キャラ対策のカギになると思います。

以上が僕が考える飛び道具対策の基本です。

少しでも参考になれば幸いです。

Youtubeで動画版も公開しています。よかったらどうぞ↓





シェアする

フォローする